自然と共存ができている

バリの暮らしをあなたへ届けたい

BALIISMはサステナブル製品を企画・製造するメーカーとして2015年インドネシア・バリ島で立ち上げられました。バリ島で暮らす人々は古くから自然と共存して暮らしてきました。例えばバリ島の中心地デンパサールから1時間ほど車で移動すると今だに自動洗濯機、掃除機を使わず、川で洗濯をしたり、箒を使って掃除をしている人が多く居ます。

持続可能な社会を一日も早く

実現させるのが私たちの使命です

循環型経済を推進させる

これまで環境対策として、廃棄物の再利用を進めるリサイクル(3R)という考え方に基づき

モノづくりをしてきました。しかしながら、リサイクルの考え方として、は廃棄物をどのように活用するかという「廃棄の発生」を前提とした考えのため、真の意味で環境にやさしいとは言えません。

廃棄物を出さないモノづくりを

目指す

18世紀の産業革命以降、人々の暮らしは便利で豊かなものになりました。

より暮らしを便利にするため、特定シーンに特化した製品を生み出したり

ユーザー層に合わせた製品を作っています。

その結果、特に先進国は物が溢れ​似たような商品が売り場に並んでいます。